音のブログ

音を楽しみ音に学び音が友の音と暮らす

目で見て耳で聴く音楽理論-楽譜と音符を学ぼう

「 シャープさんフラットくんナチュラルちゃん 」

こんにちは、コンビニのおにぎりはツナマヨ単推し、ハナオです。 今回の目で見て耳で聴く音楽理論は、Section1「 楽譜と音符を学ぼう 」の第13回「 シャープさんフラットくんナチュラルちゃん 」です。 某有名企業のTwitterの中の人みたいな今回のタイトルで…

「 楽譜の上は記号だらけ 」( その4 )

こんばんは、立位体前屈は常にマイナス、ハナオです。 今回の目で見て耳で聴く音楽理論は、Section1「 楽譜と音符を学ぼう 」の第12回「 楽譜の上は記号だらけ 」( その4 )です。 「 奏法の省略記号 」 「 奏法記号 」 「 レガート 」 「 スタッカート 」 「…

「 楽譜の上は記号だらけ 」( その3 )

こんにちは、草野球時代の守備はセカンド、得意なプレーは隠し玉、ハナオです。 今回の目で見て耳で聞く音楽理論は、Section1「 楽譜と音符を学ぼう」の第11回「 楽譜の上は記号だらけ 」( その3 )です。 「 音符の省略記号 」 「 オクターブ記号による省略 …

「 楽譜の上は記号だらけ 」( その2 )

こんにちは、2年前に助けたカメの恩返しをずっと待ち続けているハナオです。 今回の目で見て耳で聞く音楽理論は、Section1「 楽譜と音符を学ぼう」の第10回「 楽譜の上は記号だらけ 」( その2 )です。 「 強弱記号 」 「 個々の音あるいはまとまった部分に付…

「 楽譜の上は記号だらけ 」( その1 )

こんにちは、ドラクエⅤでは毎回フローラを選んでしまいます、ハナオです。 今回の目で見て耳で聞く音楽理論は、Section1「 楽譜と音符を学ぼう 」の第9回「 楽譜の上は記号だらけ 」( その1 )です。 「 速度記号 」 「 速度標語 」 「 メトロノーム記号 」 …

「 拍子もいろいろ、ノリもいろいろ 」( 後編 )

こんばんは、チャームポイントは短い脚、ハナオです。 今回の目で見て耳で聴く音楽理論は、Section1「 楽譜と音符を学ぼう 」の第8回「 拍子もいろいろ、ノリもいろいろ 」( 後編 )です。 「 拍子の分類 」 「 変拍子 」( その他の拍子 ) 「 1拍子 」 「 可…

「 拍子もいろいろ、ノリもいろいろ 」( 前編 )

こんばんは、平日の朝は起床アラーム3つがけ、ハナオです。 今回の目で見て耳で聴く音楽理論は、Section1「楽譜と音符を学ぼう」の第7回「 拍子もいろいろ、ノリもいろいろ 」( 前編 )です。 「 拍子 」とは何ぞや? 拍子記号 「 強拍 」と「 弱拍 」 「拍子…

「 休符はしっかり弾きましょう 」

こんにちは、年々買い物の際の優柔不断度がアップしています、ハナオです。 今回は目で見て耳で聴く音楽理論、Section1「 楽譜と音符を学ぼう 」の第6回「 休符はしっかり弾きましょう 」です。 「 休符 」とは? 「 単純休符 」 「 全休符 」 「 二分休符 」…

「音符の長さ 」( 後編 )

こんにちは、隠れフリーザ様親衛隊のハナオです。 今回の目で見て耳で聴く音楽理論は、Section1「 楽譜を音符を学ぼう 」の第5回「 音符の長さ 」( 後編 )です。 「 単純音符 」と「 付点音符 」 「 単純音符 」 「 付点音符 」 「 複付点音符 」 「 付点音…

「 音符の長さ 」( 前編 )

こんにちは、スピードは速いが打ち間違いも多い“使えない”タッチタイピングマスター、ハナオです。 目で見て耳で聴く音楽理論、Section1「 楽譜と音符を学ぼう 」の第4回「 音符の長さ 」( 前編 )について取り上げてまいります。 リズムの基本は4拍子 4/4 ( …

「 音部記号 」はナビゲーター

こんにちは、犬は苦手なのにそれなりに好かれて困っています、ハナオです。 目で見て耳で聴く音楽理論、Section1「 楽譜と音符を学ぼう 」の第3回「 音部記号はナビゲーター 」です。 音部記号 「 ト音記号 」 「 ヘ音記号 」 「 ハ音記号 」 上記音部記号の…

楽譜の読み方「 五線と縦線 」

それにしても学校の音楽の授業って、どうしてあんなに眠いのでしょう? こんにちは、最近お気に入りの番組はBS日テレの「 恋するクラシック 」、ハナオです。 音のブログ見て耳で聴く音楽理論、今回はSection1「 楽譜と音符を学ぼう 」の第3回「 五線と縦線 …

ドレミファソラシドの正体

こんにちは、お小遣いで最初に買ったレコードは映画サントラ版「 マイ・ウェイ 」、ハナオです。 いよいよ音のブログで音楽理論の説明をしてまいります。 知識ゼロの人でも眠くならないよう、画像と音を用いてできるだけわかりやすく、硬い説明になりすぎな…