音のブログ

音を楽しみ音に学び音が友の音と暮らす

風鈴は楽器だったり暴れたり

日曜日、近所を散策しておりましたら、道沿いにある家の軒下に風鈴を見つけました。

 

こんにちは、苦手な犬に好かれまくって困っています、ハナオです。

 

久しぶりに見たな~、ああ懐かしい、子供の頃の記憶のヒトコマがよみがえります。

 

……風鈴……カルピス……渦巻き型の蚊取り線香、金鳥の夏! 日本の夏!
 

f:id:getanohanao:20180706153731j:plain

 

 

風鈴は強風に暴れていた

ところがここ一週間ほど、我が地元は毎日のように強風に見舞われておりまして、軒下の風鈴も煽られ暴れまくっていました。

 

ヂャカギカジャギガギヂャキジャリギャギジャラギャン♪

 

あ~~やかましい! 風情もへったくれもあったものじゃない!!

 

 元々は魔除けとして用いられはじめた説がある風鈴は、近頃は生活騒音の担い手呼ばわりされることも多く、さぞや肩身の狭い思いをしていることでしょう。

 

今回の音のブログでは、本当は愛すべき風鈴の汚名返上のお手伝いで記事に取り上げてみたいと思います。

風鈴の素材いろいろ

風鈴の素材は、鉄や銅などの金属・ガラス・陶器などが……ってこんな当たり前のこと今さら書いても仕方ありません。

 

Wikipediaにも載ってるし、風鈴を専門に取り上げているサイトは山ほどありますし。

上記以外の材質で作られた風鈴を探してみましたら、いくつか見つかりました。

 

木炭 = 本体が鐘の形ではなく、炭の棒が数本ぶら下がっていてお互いにぶつかりあって音を出します。伝統工芸品として名高い「明珍火箸」の風鈴と同じ構造です。金属に比べてサスティンを抑えた優しい音がします。

 

木 = 形状は木炭のそれと同じ。カラカラと乾いた、風鈴というより畑の鳥追いみたいな音がします。

 

竹 = こちらも形は上記とほぼ同じ。木よりも軽い音が鳴ります。

 

自作の紙やペットボトルの風鈴を動画にアップされている方もいらっしゃいましたが、音が云々ではなく作りあげる工程を楽しむためのものですね。

それと水晶の風鈴もあるとのことで調べましたら、こちらは本体の鐘が水晶製なわけではなく、そこからヒモで吊るされ鐘にぶつかって音を出す舌( ぜつ )に用いられているみたいでした。

 

f:id:getanohanao:20180706154610j:plain
 

音色が美しい真鍮製の風鈴

個人的に思う風鈴素材No.1は真鍮です。

 

キーン♪ と甲高く伸びのある澄んだ音が響き渡り、初めて聴く人はおそらく驚きと感動を味わえると思います。

真鍮は加工しやすいので管楽器やハンドベルにも用いられ、風鈴でも他の材質では見られない個性的なシェイプをしているものがあります。

 

ただし、価格が若干割高なこと、手の脂などですぐにサビるため扱いに気を遣わなければならないこと、最初のような強風に煽られるようなシチュエーションでのうるささはハンパないことなど、なかなかのじゃじゃ馬でもあります。
 

世界最大の風鈴?

風鈴市や風鈴祭りでは、大小さまざまなサイズの風鈴を見かけます。

 

一般的な風鈴のサイズですと、たとえば江戸風鈴なら小丸と呼ばれる基本的な大きさが直径8cm高さ7cm、その上の中丸が直径10.5cm高さ9cm、一番大きい大丸が直径12cm高さ11cmほどです。

 

では風鈴で最も大きなものって一体どのくらいあるのでしょう?

 

巨大な風鈴としては岩手県南部地方で作られる南部鉄による直径10cm高さ22cmのジャンボ風鈴もありますが、富山県高岡市の鋳物メーカーが製作した直径40cm重さ30kgの真鍮製のものが世界最大としてギネスへの申請を出していましたが、無事認定されたのかな?
 

風鈴を楽器として演奏するアーティスト

日本には風鈴を楽器として演奏するプロのアーティストがいらっしゃいます。 

 

日向真さん
風鈴演奏家ブログ

 

 音程も種類も様々な大小の風鈴30個をコの字に組んだスタンドから吊るし、尺八・琴と雅楽ユニットの編成でオリジナル曲や童謡のカバーなどを演奏されています。

 

音の小さな風鈴をマイクで拾うシステムの構築にご苦労があったそうですが、自分でも楽器を弾くハナオには余韻の長い風鈴のミュートはどうするのかがもっとも気になるところ。

 

そんな風鈴演奏家日向真さんは7月8日(日)午後5時~ TBS系列「 所さんお届け物です 」に出演なさいますので、ご興味をお持ちになった方は是非ご覧になり、実際の演奏を目で確かめてみてください。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。