音のブログ

音を楽しみ音に学び音が友の音と暮らす

絶対に楽譜が読めるようになる方法(1)

バンド活動に青春を燃やしている皆さん、楽譜は読めますか?

 

こんにちは、コンプレックスは悪筆なこと、ハナオです。

 

今回は楽譜が読めなくて困っている方へ、ハナオオリジナルの楽譜が読めるようになる方法を伝授いたします。

 

書かれているとおりに実践すれば、必ず楽譜が読めるようになりますので頑張ってください。

 

f:id:getanohanao:20180711102845j:plain

 

 

楽譜が読めなくても音楽はできるけど……

プロでも楽譜が読めないと公言しているミュージシャンはたくさんいます。

 

有名なところでは、ザ・ビートルズのメンバー全員。

 

他に、エリック・クランプトン、ジミ・ヘンドリックス、井上陽水、小室哲哉、桑田圭介、吉田美和、芸人のこまつ等々……。

 

ハナオが出会ってきたアマチュアミュージシャンでも、それなりの読譜スキルを持っていたのはピアノやエレクトーンを習ってきた人か学校のブラスバンド部の経験者だったケースがほとんどです。

 

つまり楽譜が読めなくても音楽はできます。

 

読譜力は音楽活動に必須ではありません。

 

でも点数計算ができないのに麻雀打っているみたいで、不安じゃないですか?

 

たとえが悪いな~……すみません

 

それでもハナオ自身「 楽譜が読めて良かった 」と思ったことは一度や二度ではありませんし、バンドでアレンジを任されるようになったのも読譜力があったがゆえです。

 

皆さんが音楽活動の幅を広げるためにも、是非楽譜が読めるようになってください。

 

お金をかけずに楽譜を読みたい

ネット上には楽譜が読めるようになる方法について書かれているサイトはたくさんありますが、大別するとその内容は音楽(楽器)教室に通う本を買うもしくは読めるようになるまで頑張るのいずれかです。

 

先達の教えはいずれも正しいです。

 

間違ったことは書いていません。

 

ですけど、ハナオの本音を言います。

 

そりゃないよ!!

 

コッチは教室に通ったり本を買ったり闇雲に頑張ったりしたくないからネットで良い方法を調べているわけです。

 

もっと具体的に簡単にスキル習得のいろはを教えてあげられないのかな?

 

ハナオは以前からずっとそう思っていました。

 

そういえば、ハナオ自身はどうやって読譜力を身に着けたっけかな?

 

そのやり方をアレンジして、もっと簡単に楽譜が読める方法に昇華できないだろうか?

 

そうして考えたのがこれからご紹介する方法です。

 

実際には今回の記事を挙げるためにいろいろアレンジを施しましたが、その前段階のやり方をバンド仲間2人に教えたところ、どちらも楽譜が読めるようになっています

 

まずは実践していただく皆さんに納得していただけるよう、下記の条件を定めておきます。

 

  • 1、お金をかけない
  • 2、音楽理論など専門知識は最低限に
  • 3、楽器演奏スキルに極力頼らない
  • 4、教えられたことをやるだけで自然と身に着くように

 

ハードルはこれくらい低くないとやる気も起きませんよね。

 

楽譜が読めるようになる方法はコレだ!

いきなりですが、ズバリとハナオ式「 楽譜が読めるようになる方法 」をお教えします。

 

それは……

楽譜を書く

です!!

 

いやいや、楽譜が書けるくらいならそりゃ読めて当然でしょ、とツッコミたくなるかもしれませんが、ちょっとお待ちください。

 

今、まさにアナタがツッコんだことがまったくの正論なのです。

 

つまり
楽譜を読むために楽譜を書く
これです。

 

では具体的にどういう手順でこなしていけば良いのか?

 

次回よりその方法を説明してまいります。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。