音のブログ

音を楽しみ音に学び音が友の音と暮らす

「 ランナウェイ 」シャネルズ

「 ランナウェイ 」シャネルズ
作詞:湯川れい子 作詞・編曲:井上忠夫
1980年2月25日発売

 

こんにちは、初対面の人にいきなり「 あなたの顔は文科系だ 」と言われました、ハナオです。

 

初回のイントロが無い名曲たちは、シャネルズ「 ランナウェイ 」を取り上げます。

 

 

ドゥーワップってなに?

初めてシャネルズを歌番組で見たときは、違和感バリバリありました。

 

髪をポマードで固めたいかついおっさんたちが黄色と白のド派手なタキシード着て、しかもフロントの4人の顔は真っ黒!

 

「 靴墨を塗っています 」

 

ひょっとしてコミックバンドですか?

 

しかし、いざ歌い始めたらこりゃビックリ、先入観はキレイに吹き飛ぶことに。

 

キャッチーな歌詞、メリハリのあるメロディ、コーラスもトランペットも超格好良い!

 

一発で心を奪われておりました。

 

翌日、学校で同じ番組を見たと思われる同級生たちがあちこちで「 ランナウェ~イ~♪ 」のワンフレーズだけを発していたところからも、いかに黒塗りのおっさんたちのインパクトが強かったかわかります。

 

当然のごとく歌もヒットしシャネルズは有名になり、彼らのやっている音楽ドゥーワップは一役注目を浴びました。

 

連日のようにTV・雑誌で特集が組まれ、に匹目のドジョウよろしく類似バンドやグループもウヨウヨ現れてきました。

 

 

ところで、肝心のドゥーワップってなんだったけかな?

 

時間も経って記憶も薄らボケてきましたので、改めてググッてみました。

 

ドゥーワップとは50年代のアメリカで流行したR&Bの一種で、コーラスパートが「 ドゥーワッ 」「 ダッピドゥバ 」「 シャバダバダ 」などの言葉でリードヴォーカルをリズミカルにサポートする音楽なのだそうです。

 

ん? 「 ジャバダバダ 」?? ……このセリフ、どこかで聞いた覚えが、あっ、松鶴家千とせ!! 懐かしい~。

 

わっかるかな? わかんねぇだろ~な~。

 

シャネルズのデビュー曲

シャネルズは1980年から約2年半活動し9枚のシングルレコードをリリースしました。

 

この「 ランナウェイ 」がデビュー曲です。

 

個人的には後に改名した「 ラッツ&スター 」の方がずっと長く活動していたような気がしていたのですが、発売したシングルレコードの数は同じ9枚ずつで活動期間も1年ほどしか変わりません。あら、意外。

 

元々はこの曲、CMソングとして1コーラスのみ作られ、シングルカットのために手が加えられたとのことで、

 

そのCMはラジカセのものだったそうですがそんなのTVで流れていましたか?

 

覚えて無いなぁ……。

 

シャネルズ改めラッツ&スターのファーストシングル「 め組の人 」も資生堂のキャンペーンソングとして盛んにTVで流れていまして、こちらは当時美容部員の友人にマネキンの代用として顔にファンデーション塗られたりしていたおかげでしっかり覚えています。

 

なんて黒歴史だ……。

 

シャネルズもラッツ&スターもグループとしての音楽性をしっかり示していたゆえもありますが、どちらも出だしに名曲に巡り会えたことで運も味方につけましたね。

 

「 ランナウェイ 」は発売100万枚を超えるミリオンヒットとなりました。

 

コーラスの難易度は?

若かりし頃にハナオは自分のバンドで「 ランナウェイ 」をコピーして、肝心の付けたしイントロは「 ワン、ツー、スリー、フォー、ジャジャジャジャン♪ 」の超手抜き編曲で、はい0点!

 

当時のバンドのヴォーカルは歌唱力がありましたのでマーチン( 鈴木雅之 )には及ばずともなんとか聴ける程度にまとめ、楽器の演奏もさほど難易度が高からずこちらも問題無し。

 

ところが肝心のドゥーワップのコーラスに偉い苦労しました。

 

ギター&ベース&キーボードが得手を掻き鳴らしながら喉を絞り上げるものの、リズムはぐちゃぐちゃノリはさっぱり、なにより各人の声質がブラックミュージックに合ってな~い!!

 

つまるところ、これだったらコーラスなんて無い方がマシの結論にたどり着き、いっそのことアレンジも変えちゃえで、もうそういうのはコピーとは呼べません。

 

のちに某大学のコーラス部にいた友人から、ドゥーワップのコーラスは易しい方だよと言われましたが、そうか~? ちっとも簡単ではなかったぞ~。

 

少なくともシャネルズが歌う「 ランナウェイ 」のコーラスを伴奏込みでこなすのは、なかなかムズいと思います。

 

f:id:getanohanao:20180801105034j:plain

 

かわいた街は爪を研ぐ

ワタクシごとですが、「 ランナウェイ 」はハナオのカラオケのレパートリーでもあります。

 

メロディに主として使っている音程がA3からE3までと狭く、たまに顔を出す低音がE3高音もG4と歌い易い曲がゆえです。

 

最後に捕捉というか蛇足情報ですが、前述のシャネルズのフロント4人の顔に塗られていたのが靴墨ではなく、本当は黒いファンデーションなのだとか。

 

この事実を知ったのはこの記事を書くためにググッた際ですけど、美容部員にマネキンとして顔にファンデーションを塗られていたハナオとそんなしょーもないところでシンクロしていました。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。