音のブログ

音を楽しみ音に学び音が友の音と暮らす

「 あなたの番です 」#10 菜奈を殺した犯人を推理

日本テレビの日曜ドラマ「 あなたの番です 」第1章が最終回を迎えました。

 

www.ntv.co.jp

 

衝撃のラスト、まさか飛び回るハエに全部持っていかれるとは……。

 

本当に、ホント~に、こちらの予測をことごとく裏切ってくれる、開けて仰天びっくり箱なドラマです。

 

では、あらすじを追いつつ感想を書いてまいります。

 

ネタバレしていますので、ご視聴がまだの方はご注意ください。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

「 あなたの番です 」第9話までのサバイバルシート

まずは前回までのサバイバルシートです。

 

f:id:getanohanao:20190610202417j:plain

 

ドラマのキャッチが「 毎週、死にます 」のはずだったのに、結局前回は誰も死なず。

 

コッチは誰がどうやって死ぬのか楽しみに(?)してるんだから、こういう裏切りは困るんだけどな~。

 

……なんて若干ムクれてましたが、今回のラストが衝撃ありすぎてそんな不満は吹き飛んでしまいました。

 

 

監禁トリオ+菜奈VS榎本夫妻

榎本宅に不法に踏み込んでしまったせいで早苗(木村多江)のアイスピック攻撃を受けた手塚翔太(田中圭)は、奥の部屋に黒島沙和(西野七瀬)および謎の少年(荒木飛羽)と共に監禁されてしまいます。

 

菜奈の元に翔太の職場のジムから出勤してこないと連絡が入り、翔太が怪しいとにらんでいた早苗の元を訪ねると、切られたドアチェーンを目撃。

 

内心、絶対に早苗が絡んでいると思いつつ、相変わらずのノラクラぶりに矛先をかわされ、なかなか翔太の元へたどり着けません。

 

一方の翔太は、脱出を試みる折り、部屋の中に置いてあったパンドラのクーラーボックスの中から、二人目の被害者山際祐太郎(森岡豊)の生首を発見。

 

殺害犯が早苗だと確信し、菜奈も早苗が交換殺人ゲームに書いた紙は「 初恋の人 」ではなく、「 管理人さん 」であったろうことを見破ります。

 

それらの事実および推察から更新された交換殺人相関リストは、のちほどアップいたします。

 

 

やっぱり悪人だった神谷刑事

一旦は早苗の夫で生活安全課の刑事である正志(阪田マサノブ)に翔太の捜索願を出したものの不安が拭いきれない菜奈は、神谷将人(浅香航大)にも電話で相談します。

 

ところがこの神谷、実は5年前に捜査情報の横流しをして150万円ものお金を得ており、そのことをネタに正志から既知の交換殺人ゲームに関わらないように釘を刺されていたのでした。

 

ほ~ら、最初にハナオが睨んだとおりだ、やっぱり悪人だったでしょ。

 

イケメンなんか全員悪人だから、イケメンなんか悪いヤツに決まってる、イケメンなんか信用できるはずがない、イケメンなんか……(以下リフレイン)。

 

 

早苗の歪んだ愛と多彩な凶器攻撃

翔太と共に監禁されている少年の正体は、早苗の息子・総一でした。

 

日常的ないじめに晒される総一を、自身もママ友からいじめられて常軌を逸した思考に陥っている早苗は、常に自分の目の届くところに置くために部屋に監禁していたのです。

 

総一の姿を見てしまった沙和も、早苗にスタンガンで強襲のうえ監禁されてしまいました。

 

総一を目撃したふたりは殺すしかないと、早苗は正志・神谷を先導してまず沙和を空き部屋の303号室に運んでいきます。

 

その隙を突いた菜奈は榎本宅に入り込み、翔太を発見。

 

彼の救出を試みている菜奈にタイミング良く(悪く?)戻ってきた早苗は、ハンドミキサーを手に襲い掛かります。

 

電池式のハンドミキサーが武器になるなんて、「 13日の金曜日 」のジェイソンもびっくり、悪役レスラーが裸足で逃げ出す凶器選択のセンスです。

 

 

今週も誰も死なないと思ったら……

菜奈を殺さんとマンションの外まで追いかけての大捕り物、目撃された多くの住民たちにミキサーで催眠術を試みるなど、早苗の行動は笑わせようとしているのか本気なのか、もうマトモな頭では判断できかねます。

 

総一は、母親の蛮行を止めんがため4階のベランダから飛び降りる真似をしますが、足を滑らせて地面めがけて落下。

 

地面に叩きつけられてノシガエルになる寸前、我が身を挺した翔太によって助けられます。

 

この緊迫のシーンで、今週死ぬのは総一か?いや、翔太か?と思考は激しく巡りましたが、全員助かってめでたしめでたし。

 

……かと思ったら、まさか!?

 

病室で目覚めた翔太は、一刻も早く菜奈に会ってきちんとプロポーズをしたいと、こっそり病院を抜け出してキウンクエ蔵前に戻ります。

 

入口で出会った沙和に撮影係を依頼し、ふたりで302号室に入るとベッドで眠る菜奈の姿。

 

しかし、彼女の顔にたかる一匹のハエ

 

菜奈は殺されていました。

 

ハナオは思わずでかい声で「 嘘だろ~!? 」と叫んでしまいました。

 

飛び回るハエ一匹で菜奈の状態や時間軸の説明もすべてこなすとは、なんと秀逸でドキツイ画作り!

 

やられた~~。

 

そういえば、さいとうたかお先生の「 サバイバル 」にも似たような描写があったなぁ……。

 

 

菜奈を殺した犯人は誰かを推理する

 

さて、菜奈を殺した犯人は誰なのでしょう?

 

それをなぜ殺されたのかも鑑みて推理してみましょう。

 

尾野幹葉犯人説

偏執した愛で翔太につきまとう尾野幹葉(奈緒)。

 

菜奈が話しかけても目に入っていないかのような異常な反応を示しています。

 

部屋も隣だし、恋路を邪魔する菜奈を殺す機会が最も多いであろうことからも犯人の第一候補です。

 

昏睡状態だった翔太を毎日見舞っていたのが彼女だった可能性、翔太が目覚めた日に仕事が忙しくて見舞いに行けないと看護婦に返事をした女性も彼女だった可能性もあります。

 

と、普通ならこう考えますが、当ドラマは当たり前じゃないことが普通なので、この線は薄いかなぁ~。

 

藤井淳史犯人説

住民会でせっかく交換殺人ゲームを無かったことにしたのに、しつこく探偵ごっこを続ける菜奈を鬱陶しがっていたのは藤井淳史(片桐仁)。

 

危うく口を滑らせはぐりますが、自分の犯罪も芋づる式にバレてしまうのに気づき急に口をつぐみます。

 

眼の上のたんこぶ菜奈を亡き者にする可能性は大、犯人候補の二番手です。

 

でもこんなストレートな推理が通用するドラマではないし、きっとコイツも犯人ではないなぁ。

 

佐野豪犯人説

ほとんど言葉を発せず、いつも長靴でデカイクーラーボックス抱えて階段の上り下りをしている佐野豪(安藤政信)。

 

行方不明の翔太を必死で探す菜奈に懇願され、ついにクーラーボックスの中身を見せてしまいます。

 

そこには氷が敷き詰められ正体不明の生物の肝臓が……。

 

赤池夫妻から管理人室へのクレームの内容(悲鳴のような声、異臭)から、佐野が部屋で肉食獣を飼っているのではないかと推察されますが、ひょっとするとひょっとしての可能性も消しきれません。

 

佐野の逆鱗にうっかり触れてしまった菜奈を殺してしまった線も考えられます。

 

田宮淳一郎犯人説

マンション内に設置した防犯カメラの映像を見てから、すっかり人が変わってしまった田宮淳一郎(生瀬勝久)。

 

彼が何を見たのか?どうして行動パターンが激変したのか?

 

まだ謎は残されたままです。

 

その謎を菜奈が何かの拍子に知ってしまったのなら、田宮が凶行に及んだと考えることもできます。

 

この人もキレたらとんでもないことやりそうだしなぁ~。

 

神谷将人犯人説

今回でやっぱり悪人だったことが発覚した神谷将人(浅香航大)刑事。

 

きっとコイツが真犯人です、理由はイケメンだから……。

 

え~~、私怨はさておき、榎本早苗が逮捕され、正志も監禁や死体遺棄の罪でただでは済まなかったであろうこの度の件。

 

立派な共犯となった神谷がスルスルと逃げおおせたのか否かはまだ不明ですが、無事だとすると菜奈をあのまま放っておくのは、彼にとってあまりにも危険。

 

命を奪うほどの動機としてはちょっと弱いと思われますが、なにせイケメンですから疑ってみる余地はあります。

 

榎本総一犯人説

一家の幸せ(?)をぶち壊された榎本総一(荒木飛羽)が逆恨み、父と母の敵を討つ目的で菜奈を手にかけたという筋書きもあり得ます。

 

すぐに退院したという彼が同じマンションに戻ったとしたら、菜奈も放っておけず気にかけたことでしょうから、その親切が却って総一の神経を逆なでしてつい思わず……う~ん、ドラマとしては面白い展開では無いなぁ。

 

でも総一が、第2章の重要キャラになるのは間違いないと思いますよ。

 

だってイケメンだから(こればっか!)。

 

榎本早苗犯人説

今回の本編終了後に、「 あなたの番です 」第2章・反撃編の予告がありました。

 

その中の“犯人は誰だ?”8分割カットに、なんと榎本早苗(木村多江)の顔があったのです。

 

え~っ、ハンドミキサーの罪でつかまっているはずなのにどういうこと?

 

もしかしたら、精神鑑定の結果無罪放免になっていたりして!

 

だとするとお礼参りで菜奈を殺害する展開もアリかもしれません。

 

そのときも是非、意外な凶器の使用をキボンヌ。

 

スポンサーリンク
 

 

coffee berakで交換殺人相関リスト

さて、ここで最新バージョンの交換殺人相関リストをアップし、これを使って説明します。

 

f:id:getanohanao:20190620143237j:plain

 

前述のように、早苗が書いたと言っていた「 初恋の人 」はおそらく嘘で、本当は「 管理人さん 」を書いたことはほぼ間違いが無いでしょう。

 

すると紙の枚数は15枚、それでも参加人数より多いどれか2枚が嘘ということになります。

 

そして誰が誰を殺したのかについても概要が見えてきました。

 

推察も含めて整理しますと、山際祐太郎を殺ったのは早苗、タナカマサオは藤井が殺しています。

 

シンイーと同室のイクバル・クオンが袴田吉彦を撲殺し、細川朝男(野間口徹)を久住譲(袴田吉彦)がエレベーターから突き落として殺害しました。

 

犯人がわからない被害者は、管理人の床島比呂志(竹中直人)、誕生日が命日になった赤池幸子(大方斐紗子)、ゴルフクラブ足の5番にされてしまった児島佳世(片岡礼子)、菜奈が引いた紙に書かれていた甲野貴文(鈴木勝大)になります。

 

以上4名は交換殺人ゲームのターゲットで、この他にゲームと関係が無い赤池吾朗(徳井優)、浮田啓輔(田中要次)、そして菜奈が殺されています。

 

とは言っても吾朗は巻き添え、浮田と菜奈は書いたターゲットを殺してもらった(?)のにゲームのルールに逆らったペナルティだとすれば、やはり全員が交換殺人ゲームの流れで粛清されたと見られます。

 

それと、ここからは完全にハナオのアテ推理になりますが……。

 

もし佳世が死んで欲しい人に吾朗の名前を書いていれば、別の交換殺人が同時進行で動いていることになります。

 

そしてもうひとつ、木下あかね(山田真歩)が菜奈に見せた「 302号室の人 」の紙。

 

菜奈はこの紙を掃除当番を決めるときに使ったものだとあかねに説明していましたけど、もしこれがやはり交換殺人ゲームのとき書かれたものだとすると、菜奈はゲームのルールの中で殺されたことになります。

 

うお~~~、自分でも書いていてなにがなんだかわからなくなってきました!

 

では、菜奈殺しの犯人推理の続きです。

 

シンイーグループ犯人説

シンイー(金澤美穂)と同室のイクバル(バルビー)・クオン(井原郁巳)の3人が、俳優の袴田吉彦をバットで殴り殺したであろうことは前述のとおりです。

 

つまり彼らは野放しの殺人犯。

 

菜奈がまだ犯人探しを続けているとすれば、彼らにとっても排除すべき人物です。

 

容疑者として挙げても無理はありません。

 

久住譲犯人説

エレベーターホールから「 着信アリ 」よろしく細川と揃って落下し入院中の久住譲(袴田吉彦)。

 

前回、彼の病室に何者かが忍び込むカットが映りました。

 

その結果彼がどうなったのかの説明はありませんし、それと関連するかはわかりませんが、ひとり怪しい人物が現れたと思っています。

 

それは翔太の病室の担当看護婦。

 

彼女の言った“菜奈は毎日病室に来ていた”“菜奈は仕事で忙しくて来られない”が事実ではないとすると、つまりは虚言。

 

自分が殺した細川とその名を書いた菜奈のせいで酷い目に遭った久住とこの看護婦が一枚噛んでしでかしたやも知れません。

 

今のところ何の根拠もありませんけど、どうにも怪しい気配、感じません?

 

ハナオだけかなぁ……。

 

黒島沙和犯人説

今、ネット上の推理班が一番怪しいと睨んでいるのが黒島沙和(西野七瀬)。

 

序盤に彼女の体に見られた傷やアザはいまやすっかり登場しませんし、そもそもストーリーの本筋にたいして重要とも思えぬ絡みをしている割には(推理だけなら菜奈ひとりでもできるし、早苗につかまるのも翔太だけで十分)出演シーンも多め。

 

何かの布石を一生懸命打っているとしか思えません。

 

そして彼女が本命の証拠(?)として話題になっているのは、「 あなたの番です 」公式サイトでの、西野七瀬さんのコメント文。

 

f:id:getanohanao:20190617151918j:plain

出典:https://www.ntv.co.jp/anaban/

 

改行部分の赤い丸をつけた文字を縦読みすると「 黒・こ・の・こ・だ・よ 」

 

「黒このこだよ」つまり交換殺人ゲームを陰で操る真犯人は黒島沙和であるとの隠しメッセージと読み取ることもできます。

 

単なる偶然か、それとも推理班の読みどおり沙和が黒幕なのか……「 あなたの番です 」最後まで目が離せません。

 

 

「 あなたの番です 」横浜流星の役名は?どんな役?

第1章終了時のサバイバルシートです。

 

f:id:getanohanao:20190618130505j:plain



 

来週は、翔太と菜奈の出会いの回顧編で、再来週6月30日からいよいよ第2章・反撃編が始まります。

 

同編には、新キャラ・推理バディとして横浜流星さんが登場します。

 

彼の役どころは、黒島沙和と同じ大学に通う院生の二階堂忍

 

北川澄香(真飛聖)北川そら(田中レイ)が逃げ出して空室となった304号室に“家賃が安いから”とドライな理由で越してきます。

 

他人と接することが苦手なゆえ無愛想なものの頭脳明晰、開発中のA.I.で交換殺人事件の犯人捜しに尽力することになります。

 

第2章のキーパーソンとなることは間違いないですね、イケメンだし……勝利のイマジネーション!

 

スポンサーリンク

?

 

次回で菜奈ちゃんと翔太くんのイチャイチャは見納め(わ~い)。

 

反撃編も楽しみに毎週日曜を待ち続けましょう。