音のブログ

音を楽しみ音に学び音が友の音と暮らす

「 ウォンテッド( 指名手配 ) 」ピンクレディー

「 ウォンテッド( 指名手配 ) 」ピンクレディー
作詞:阿久悠 作曲・編曲:都倉俊一
1977年9月5日発売

 

こんにちは、目薬が欠かせぬドライアイな男、ハナオです。

 

今回の、イントロが無い名曲たちは、ピンクレディーの「 ウォンテッド( 指名手配 )」を取り上げます。

 

 

ピンクレディー5枚目のシングル曲

ウォンテッド( 指名手配 )」はピンクレディー5枚目のシングル表題曲として、前作「 渚のシンドバッド 」次作以降の「 UFO 」「 サウスポー 」「 モンスター 」の5作連続ミリオンセラー達成という、まさに彼女たちの絶頂期にリリースされました。

 

ピンクレディーの歌は、一部を除き作詞・阿久悠&作曲・都倉俊一のコンビが手掛けました。

 

どちらも日本の音楽シーンを語るうえでのスルーが許されない大重鎮で、おふたりについて書き始めるとそれだけで記事3回分くらい埋まってしまうがゆえ、今回はあえてお名前だけで失礼させていただきます。

 

ピンクレディーの全盛期とハナオの思春期はマル被りでしたが、ツボに入ってこなかったというか、正直言って興味の対象外で、それでも「 ウォンテッド 」の熊の手みたいな格好やら「 UFO 」の頭の上から手を出すポーズはやった記憶がありますから、どれだけ凄まじい人気と影響力を誇っていたかが伺いしれます。

 

ピンクレディーといえば、やはりキレッキレでエポックメイキングな振りのダンス。

 

いまだに振り付けDVDが当時若かった?世代の回顧を偲ぶアイテムとして、もしくは宴会芸習得用などに売られています。

 

楽曲について

かように、ダンスにスポットが当たりがちなピンクレディーですが、日本有数のクリエイターが手掛けた楽曲も出来が悪かろうはずはなく、その挑戦的なアレンジにも驚かされます。

 

「 ウォンテッド 」出だしはこの部分だけの独立した旋律のパターンで、ギター・ピアノ・ベース全音符バッキングにフレーズが4つ、そして「 ウ~ォンテッド! 」つかみはバッチリ。

 

f:id:getanohanao:20181015103230j:plain

photo by 写真AC


Aメロは、恋の相手を泥棒呼ばわりして罵るハードな詞が、ロック風の重いリフに載せて歌われます。

 

一転Bメロは8分で刻むバスドラムに合わせてリズミカルに、恋泥棒さんのルパン三世ばりの怪盗っぷりをラジオボイスで披露。

 

サビのCメロはまたガラリと変わって細かいパッセージの伴奏と、ストレートに相手への愛情を訴える歌詞に変わり、ユニゾンだった歌もはじめてハーモニーを取ります。

 

更に間奏も英語の詞を別パターンで、ダンスとのシンクロが印象的な短いエンディングまであり。

 

 いや~凄いですね、これだけ色具合が異なるパターンを組み合わせてひとつの歌に作り上げるなんてさすがプロ!!

 

ベースプレイを検証

ネットの個人サイトにて、この歌のサビでベースギターがチョッパー( スラップ )奏法で弾いているとの情報に出会いました。

 

改めて確認してみましたら、ああ本当だ~、全然気が付きませんでした……良い耳をお持ちでいらっしゃる。

 

最多2連のサムピングとオクターブのプル、それとハンマリング・オン、速さはさておきフレーズ的な難易度はそれほど高くは無いかなぁ、と。

 

それにしても、せっかくチョッパーやってるのにこんなにベースのボリューム絞らなくても。

 

ミキシングエンジニアさん、意地悪ですな~(笑)

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。