音のブログ

音を楽しみ音に学び音が友の音と暮らす

「 妹 」 かぐや姫

「 妹 」 かぐや姫
作詞:喜多条忠 作曲:南こうせつ 編曲:瀬尾一三
1974年5月20日発売

 

こんにちは、掃除機を見ると買いたくなる病気が悪化中、ハナオです。

 

今回のイントロが無い名曲たちは、かぐや姫の「 」を取り上げます。

 

 

かぐや姫7枚目のシングル曲

「 妹 」は、かぐや姫の「 神田川 」「 赤ちょうちん 」に続く四畳半フォーク第三段の歌として発売されました。

 

明日、友人の元に嫁ぐ妹へ、祝いの嬉しさと共に労いや心配の気持ちを切々とモノローグで歌っています。

 

スリーフィンガーのアコースティックギターとピアノから淡々とはじまり、2番( と3番 )の4小説目に響くファルセットの美しいコーラス、そしてドラム・ベース・ストリングスが被って曲は盛り上がっていきます。

 

間奏とエンディングは同じパターンを用いており、憂いを旋律とアレンジに聴いて心を揺さぶられます。

 

「 妹 」は前出の四畳半フォーク三作と合わせて300万枚も売れ、かぐや姫の名を世間に轟かせた大ヒットソングとなりました。

 

ハナオの世代でフォークギターをはじめた連中は、誰もが皆この曲を弾いていのではないかなぁ。

 

カポタストを2フレットに取り付ければコードはCメジャーのトニック、サブドミナント、ドミナントコードとその代理コードだけだし、ヴォーカルのトップノートはF#でむちゃくちゃ高いわけでもないしでレパートリーに手挟んでおくには手ごろな歌でもありました。

 

テンポがミディアムなので、フラットピックでのスリーフィンガーフレーズの練習曲としてもお勧めです

 

四畳半フォークとは?

四畳半フォークは、1970年代の恋人や身内などの主に二人きりで狭い部屋での貧乏暮らしを背景に、純情をモチーフに歌詞を紡いだフォークソングです。

 

お金はもちろん、風呂もトイレもない木造アパートで男女に身を寄せ合って過ごすような暮らし……今では想像もつかない世界ですが、当時の学生や社会人の一部にとっては、さほど珍しい生活レベルの話でもありませんでした。

 

かぐや姫が四畳半フォークのフラッグシップで、その他に岡林信康、吉田拓郎、バンバン、GARO、長渕剛、井上陽水、加川良などがカテゴライズされます。

 

元々はこの言葉、荒井( 松任谷 )由実が揶揄して呼んだことがはじまりだそうです。

 

ピリ辛具合がユーミンらしい言い回しですが、ワードセンスは卓越していますね。

 

ゆえに思惑とは逆に「 四畳半フォーク 」は発信者の意図をは逆に、ファンや世間へ好意を持ってまたたくまに浸透していったのです。

 

ただ、「 妹 」に限っていうならこの兄妹の棲家は最少2部屋はあるわけで、

「 それじゃ四畳半フォークと違うだろ!? 」

とツッコまれても困ります。

 

慣用句の「 猫の額( ひたい )」同様、比喩によるカテゴライズと理解してください。

 

f:id:getanohanao:20180821091555j:plain

 

「 妹 」の妹にモデルはいるのか?

日本のフォーク第二世代に関わったアマチュアミュージシャンたちは、おそらく「 妹 」には元となった逸話があるのだろうと語りあっておりました。

 

さだまさしの「 秋桜 」の妹は、まさし本人の妹の佐田玲子であることは当初より公言されていました。

 

「妹」のモデルに関しては、南こうせつの実の妹だとか従姉妹だとか、友人の妹だとか、知り合いの知り合いの妹???だとか、諸説飛び交い過ぎてもうどれも信用はできません。

 

ネットにあがっている情報もソースが不足していて裏付けが取れませんし。

 

ま、ぶっちゃけていうと、一部の特殊なケースを除いて元々歌というものは受け手がそれぞれの立場や人生に重ね合わせて聴いてもらえば良いわけで、モデルがいようがいまいが関係は無いと思います。

 

バックストーリーに興味を持つのは自然な気持ちではありますがね。

 

余談ながら、ハナオの妹はある日突然結婚してしまったので「 妹 」のごときシチュエーションへの憧れはずっと持ち続けていました。

 

味噌汁の作り方を教えて欲しかった~!……若干薄味だけど。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。