音のブログ

音を楽しみ音に学び音が友の音と暮らす

「 あなたの番です 」#2.5 謎へのフリのまとめ

今夜第3話が放送予定、日本テレビの日曜ドラマ「 あなたの番です 」。

 

www.ntv.co.jp

 

ここまで劇中にてミステリーならではの“事件へのフリ”がいくつもなされていました。

 

登場人物が多い上にどんどん解決しない謎ばかり増えてなかなか整理が大変です。

 

ということで、フリをわかりやすくまとめてみました。

 

例によってネタバレも含みますので、ご視聴がまだの方はご注意ください。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

キャストロールでの丸印

Aimarさんが歌う主題歌「 STAND ALONE 」をバックにドラマ冒頭に流れるキャストロール。

 

ここで何人かの出演者の顔写真にマジックで囲ったような赤い丸印がつけらえています。

 

印のあるのが、手塚菜奈(原田知世)、手塚翔太(田中圭)、田宮淳一郎(生瀬勝久)、黒島沙和(西野七瀬)、榎本早苗(木村多江)、佐野豪(安藤政信)、床島比露呂志(竹中直人)の7人。

 

この丸に物語の核となる大きなヒントが隠されているのかもしれません。

 

 

そらと佳世の関係

自分たちと同じ階の住人たちに引っ越しの挨拶中、北川そら(田中レイ)がなぜか102号室の児島佳世(片岡礼子)に連れられて部屋の前までやってきます。

 

別れ際にそらに注がれた佳世の視線には、思いつめたような重い雰囲気が……。

 

児島夫婦は二人暮らし、お子さんがいらっしゃらないことと何か関係があるのかも。

 

それともそら君との間に特別な秘密が?

 

 

長靴男・佐野の秘密

ミステリーマニアの夫婦は、引っ越し早々出会ったマンションの住人たちを論って勝手な推理遊びをはじめますが、二人一致で怪しいと睨んだのが佐野豪(安藤政信)。

 

理由は「晴れているのに長靴だった」から。

 

ま~ね~、そう言われてみれば気にならないこともありませんけど、ハナオの知り合いで楽器も弾けないのに「育ちがよく見えるから」とバイオリンケースに雑貨を詰めて持ち歩いている女性もいましたし、それに比べれば普通でしょ。

 

安藤政信さんは、確かにサンダル履きでもスニーカー着用でも確かに怪しい雰囲気は醸し出していました。

 

 

一度聞いたことはちゃんと覚えられるんです

住人会の席にて、菜奈は全員への面通しのあと赤池美里(峯村リエ)に改めて自己紹介します。

 

すると美里から「私ね、一度聞いたことはちゃんと覚えられるんです。ですからお名前、何回も言わなくて大丈夫ですよ」と嫌味に窘められます。

 

第2話で美里が姑の幸子(大方斐紗子)から“頭の出来が悪い嫁”とばかりにチクチクいじめられているシーンで一応オチにつながりました。

 

 

「こうのたかふみ」って誰?

“死んでほしい人の名前を書く”というゲームへと思わぬ展開になった住人会。

 

菜奈が引いた紙に書いてあったのは「こうのたかふみ」。

 

この人物の名前を書いたのは誰なのか?

 

そもそも見知らぬ「こうのたかふみ」なる人物は何者なのか?

 

サバイバルシートの欄外がどんどん広くなりそうだな~。

 

 

血染めのテディベア

菜奈がマンション内の燃えるゴミ回収ボックスの蓋を開けたら、そこにあったのは血にまみれたボロボロのテディベア。

 

いかにも“これから殺人事件が起こるんだよ~”のミステリーあるあるのベタな演出ですが、クマのぬいぐるみも意味なくボロカスにされたのでは可哀そう。

 

これにもきちんとオチが付くことを望みます。

 

 

菜奈をストーキングする細川

買い物に出かけた菜奈をスーパーまで尾行するかのように追って見つめる男、細川朝男(野間口徹)。

 

菜奈を見つめる目がイッちゃってます。

 

そして第2話では翔太の働くフィットネスジムに、なんと翔太をトレーナーに指定して会員になってしまいます。

 

設定では細川のステータスは“ストーカー”ですけど、往来で見かけただけでいきなりストーカーになるのはいくらなんでも無理がありますので、おそらく深~い事情があるのでしょう。

 

案外、手塚夫婦を守るために接近している“実はいい人”オチもあるかな~なんて思ってます。

 

根拠ゼロですが。

 

 

沙和の体のアザやケガ

とてもわかりにくかったのですが、第1話の住人会のシーンで沙和のニットのセーターの下にチラリと包帯らしきものが見えました。

 

第2話では右手首に包帯を巻いているのを菜奈に気づかれ、サービスショット?で痣だらけの下着姿も披露してくれます。

 

DV被害者確定で、暴力を奮っているのは第1話で手を繋いでいた彼氏なのでしょうね。

 

……いや、ひょっとしてこれも“いかにも彼氏にされている”っぽく見せて、意外などんでん返しがあるかも!?

 

 

横倒しの車椅子

最初の事件が起こる直前、そら君が部屋に戻るおりに廊下で横倒しになった車椅子を見かけます。

 

くるくると空回りする車輪は、視聴者に“最初の犠牲者は赤池幸子だな”とミスリードを誘いましたが、ひょっとしてただの演出かもしれません。

 

そんなの許しません、誰が車椅子をぞんざいに扱ったのかちゃんと解決してもらいましょうか。

 

 

ドヤドヤと外国人労働者のみなさん

上記の車いす横倒しシーンに続いてそら君の前に現れたのは。203号室のシンイー(金澤美穂)・クオン(井阪郁巳)・イクバル(バルビー)を含む不法滞在?外人軍団。

 

ドヤドヤと外階段を下りてきて、そら君と出会ってギョッと驚いていました。

 

怪しいですね~。

 

事件とは直接関係ないかもしれませんが、なにか違法なことに手を染めていそうです。

 

 

リアシートの犬のぬいぐるみ

夫の正志に怒られながら車を駐車スペースに入れられずパニくる榎本早苗(木村多江)。

 

救いようのない運転の下手さ加減も気になりますが、抜きで映ったリアシートの犬のぬいぐるみがいかにも訳ありです。

 

管理人も「子供のいない夫婦はペットを飼いがち」と嫌味な因縁ふっかけられてましたが、一応この伏線なのかな?

 

 

部屋に落ちていた鍵の束

翔太は、自分たちの部屋のソファの下に落ちていた鍵の束を見つけます。

 

引っ越し早々入室チェックにやってきた管理人が落としたと推察し連絡を入れます。

 

現段階で鍵の持ち主はまだ解明されていませんが、これってもしかして着信音で逆さづりの床島を見つけるためだけの演出ではないでしょうね?

 

なんか謎だらけだな~、本当に全部しっかりオチるのか心配になってきました。

 

 

管理人と幹葉の関係

床島管理人は、頼まれもしないのに入居者全員に手作りのネームプレートをプレゼントしていました。

 

しかし、使っていたのは尾野幹葉(奈緒)のみ。

 

しかも管理人室にシュシュが置いてあったことから、翔太は二人が男女の関係にあったのではないかと疑います。

 

まぁ、そう短絡的なつながりではないでしょうが、シュシュは第1話・第2話と抜きで登場してますから事件のキーにはなっていそうです。

 

 

掲示板の貼り紙「管理人さん」

床島が墜落死した後、マンションの掲示板には交換殺人ゲームで誰かが書いたと思われる「管理人さん」の文字の紙が貼られていました。

 

もちろん、まだ誰の仕業か皆目見当もつきませんが、紙を止めてある画鋲は第1話で木下あかね(山田真歩)が使っていた物。

 

住人会で勝手に掃除当番を押し付けられた恨み節をつぶやきながら、画鋲で連絡用紙をブスブス突き刺していました。

 

あからさまなので彼女は殺人ではシロでしょうけど、あとでフィードバックに疲れそうなプチバイオレンスシーンではありました。

 

 

割れていた管理人室の窓ガラス

第2話の住人会のあと、皆は管理人室の割られた窓ガラスに気づきます。

 

様子を伺うと中にいたのは402号室の住人で警察官の榎本正志(阪田マサノブ)。

 

「管理人は自殺だ。事件性も無い」と言いつつ、妻の早苗と自分のアリバイの有無を心配するなどどうにも言動不一致ぶりが気になります。

 

それと住人たちの騒動を盗み見するあかねが挙動不審です。

 

蛇足ですが、あかねのあの覗き方は無いと思いますよ。

 

f:id:getanohanao:20190428195442j:plain

↑こんな感じ……

 

ぶっちゃけ、がっかりしました。

 

ギャグマンガみたいな演出はどうかご勘弁を。

 

 

第3の犠牲者は誰だ?

第2話終了時のサバイバルシートは下図のとおりです。

 

f:id:getanohanao:20190422232915j:plain



今後も増えていくであろうフリもオチるまでどんどん書き連ねてまいります。

 

スポンサーリンク

?

 

次の犠牲者は誰か?犯人は誰か?