音のブログ

音を楽しみ音に学び音が友の音と暮らす

「 あなたの番です 」#02 感想と気になる演出

日本テレビの日曜ドラマ「 あなたの番です 」第2話の感想です。

 

www.ntv.co.jp

 

例によってネタバレも含みますので、ご視聴がまだの方はご注意ください。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

「 あなたの番です 」第1話までのサバイバルシート

先週スタートした「 あなたの番です 」

 

最初の犠牲者はマンション管理人の床島(竹中直人)でした。

 

手塚菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)夫妻のベランダの外にいきなり逆さづりから地面に落下!

 

ホラーチックでなかなか衝撃的なシーン、インパクト大でしたね。

 

第1話終了時のサバイバルシートは下図のとおりです。

 

f:id:getanohanao:20190415221234j:plain

 

 

刑事登場……ん、事件性は無い!?

第2話のはじまりはじまり~、床島管理人墜落死の現場へ警察官たちがやってきます。

 

出演者リストにあった神谷将人(浅香航大)と水城洋司(皆川猿時)も登場。

 

さぁ、新人イケメンとベテラン刑事の推理が早速冴える!……かと思いきや、ロクに調べもせず出した結論は「事件性も無いし持病もあったので自殺だ」っておいおい!

 

アンテナと同軸ケーブルでぐるぐる巻きになって逆さづりから悲鳴と共に落下したのにその結論って、貴方たちやる気ありますか???

 

とりあえず所轄の刑事ペアが犯人ではなさそうなこととボンクラなことだけはわかりました。

 

 

予想外の2人目の犠牲者

マンションキウンクエ蔵前の住人達の訳あり&怪しい振る舞いも、次々に描写されていきます。

 

たいして難しいとも思えない駐車エリアにバックで入れず泣く榎本早苗(木村多江)、チクチクと意地悪にいびる姑の赤池幸子(大方斐紗子)とひきつった笑顔で耐える嫁の赤池美里(峯村リエ)、予想どおり翔太に謎のウエハースでアプローチを開始する尾野幹葉(奈緒)などなど。

 

そして個人的に一番の魅せ場は、おそらく彼氏からDVを受けていると思われる黒島沙和(西野七瀬)が下着姿であざだらけの体を晒すサービスカット

 

思わず「おおっ!」

 

こんな手法で視聴率を稼ごうなんてズルい。

 

ぜひこれからもよろしく!!

 

……すみません、取り乱しました。

 

そんな中、ついに2人目の犠牲者が。

 

藤井淳史(片桐仁)が“死んでほしいと思う人”の紙に記名した、学生時代からの知り合いで同業の医師山際祐太郎(森岡豊)が首無し遺体で発見されたのです。

 

ありゃ、サバイバルシート外からチャートインしてくるとは予想外すぎる展開でした。

 

しかし、このことによって藤井が交換殺人のルールを果たさなければならないという圧力を受けるようになります。

 

彼の持つ紙に書かれた「タナカ マサオ」とは何者なのか?

 

その名前を書いたのは誰なのか?

 

謎は加速します。

 

 

ドラマ演出で気になった点

ラストシーンのレビュー前に、第1話・2話を視聴していくつか気になった点がありましたので挙げてまいります。

 

魅力に欠ける手塚夫婦

ドラマ開始前は興味の対象だった主人公手塚夫婦の15歳年の差設定が、どうにも邪魔くさく感じてきています。

 

理由は鼻白むほどにいかにもな拘り方。

 

姉さん女房の菜奈は落ち着きすぎ……というか、生きるに疲れているのかと思うほど元気がない。

 

今時のアラフィフ女性には、もっとバイタリティがあります。

 

ましてや若い年下の旦那様もらったのですから、生気を吸い取るくらい生命力が無いと。

 

そして翔太の“ボクちゃん”キャラはあまりにもオーバー。

 

口調も行動も精神年齢が低すぎて、申し訳ないのですが現状では顔以外に取り柄が見出せません。

 

そりゃ三十回もガンガンフラれるわな、これじゃ。

 

こんな2人が連続殺人なんかに巻き込まれて本当に大丈夫なのか?と、余計な心配してしまいます。

 

感情移入しづらい夫婦の今話のコーヒーメーカーのくだりは締りに欠け、正直早送りしたくなりました。

 

意味なく怒鳴る

テーマがテーマですから、人が殺されるカットだったり争いの場面で大声を出すのは仕方がありません。

 

しかし、普通に会話しているシーンで意味なく?怒鳴るのは勘弁してほしいです。

 

最近流行りの“とにかくやたら怒鳴る”台詞が多いことが、ハナオのドラマ離れの原因のひとつでもありまして。

 

2クール今の調子で怒鳴り散らされるかと思うと、少々うんざりきています。

 

苦言を呈させていただきましたが、ストーリーには引き込まれていますので、まだまだ続けて視聴したいと思っております。

 

 

ラストはまたも衝撃のびっくり箱

前話はカーテン開けたらケーブル巻き付け逆さづりで視聴者仰天。

 

そして今回も洗濯機から生首ゴロリで、怖くてキショい。

 

どうやらラストのびっくり箱は毎度毎度のお約束になりそうです。

 

ひとりで臨むには心臓に悪いのでネコひざに乗せて観ようっと。

 

第2話終了時のサバイバルシートはこうなりました。

 

f:id:getanohanao:20190422232915j:plain

 

スポンサーリンク

?

 

来週、第3話もレビューいたします。